読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はSelfQuest

人生終わったと思ったら、そこからがスタートだった。

ポケモンGOを通して現実に気づく不思議な体験

スポンサーリンク


f:id:k_shingu:20160811223748p:plain

一歩外に出てみると、スマホを手に持った人ばかり。ポケモンGOは一つの社会現象になったようだ。

 

大きな公園では、大勢のポケモントレーナーが集結している。座らずに、道端に立ちつくし、数歩歩いては、また立ちつくす群衆は、ものすごく異様な光景だ。

 

ゾンビ映画が現実になったみたいで少し怖い。だが、僕もそのゾンビの一人になってしまった。

 

 

 

早速アプリをダウンロードすると、野生のポケモンを探しに外を歩いてみた。モンスターボールを投げるのが難しい。

 

使い捨てのモンスターボールを補充するには、ポケストップと呼ばれる場所に行く。そこでアイテムがもらえる。

 

どんな場所がポケストップになっているかというと、街の有名なランドマークもあれば、誰も気づかなかったような道端の奇妙なオブジェもある。

 

 

 

ポケモンGOをやった人なら共感してもらえると思うが、このポケストップを探すのがおもしろい。

 

道におかれた不気味な人形やなんとも形容しがたいオブジェ。一体誰がどんな基準で、このポケストップを選定したのか、大変興味をそそられる。

 

今ままで日陰者だったオブジェは、急に脚光を浴びることになった。それをうらやむ別のオブジェたちも無数にいそうだ。

 

 

 

毎日のように歩いているはずの道なのに、ポケモンGOをやるまでは気づいていなかった。スマホの画面越しにようやく現実を知る不思議な体験だ。

 

正確に言えば、視覚には入っていたはずだ。ポケストップになるくらいなので、目に留まる程度には十分に目立つ。

 

恐らくだが、一度目にしたあと、不要な情報として忘れてしまったのだろう。たとえ視覚に入っても、一旦忘れられた存在は、なかったものとして扱われる。

 

 

 

「なんで今まで気づかなかったんだろう。ポケモンGOおもしろいね。」

 

そんな連れのつぶやきを聞いた散歩道。スマホの電池切れでそそくさと帰宅した。

 

追記

スズメを見てポッポと言ってしまう。

 

追記2

ポケモンGOを通して現実に気づく不思議な体験 - 人生はSelfQuest

Ingressのエージェント達が調べて集めたポータルが今やポケモンGOのポケストップになってるんだよね

2016/07/23 18:36

 

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)

進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)

 

 

サイトポリシー

Copyright© 人生はSelfQuest. All Rights Reserved.