読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はSelfQuest

人生終わったと思ったら、そこからがスタートだった。

依存症はドーピングみたいなもの

アルコール依存症 やりたいことだけやって生きていく

スポンサーリンク


f:id:k_shingu:20160811223926j:plain

アルコールやニコチンへの依存は、日々ドーピングを繰り返すようなもの。昔の自分を振り返って、最近そんなふうに思うようになった。

 

大きな大会に向けてドーピングに手を出すように、明日に向けてアルコールを摂取する。

 

大会に向けた最後の追い込みでドーピングに手を出すように、今を乗り越えるためにニコチンを摂取する。

 

 

 

ドーピングするときは、「今回だけ」と思っている。だけど、そのときの感覚が忘れられなくて、またドーピングを繰り返す。

 

そうやって、楽なほう、楽なほうへと流されていく。いつの間にか、人はドーピング漬けになってしまう。

 

あとで大きなしっぺ返しが来ることを忘れてしまう。必死に忘れたふりをするようになる。

 

 

 

最近の僕は、あえて楽ではないほうを選択するようにしている。ただし、無理せず少しずつ。

 

自分が楽になりたいだけの行動をするくらいなら、何もしないという選択肢を取る。それならできる気がしてくる。

 

依存症に限った話ではない。日常的に、そう心がけるようにしている。

 

 

 

人間は言い訳の天才だ。楽できるように、自分に対して言い訳を考え出す。都合の悪いことは忘れたふりをする。

 

焦って何かしようとせずに、感情の波が過ぎ去るのを待つ。そうやって、楽なほうに流されそうになる自分をコントロールする。

 

慣れてきたら、自分を奮い立たせてくれるような厳しい道にも挑戦してみる。そうやって、楽なほうに流されないように自分を鍛えていく。

 

 

 

うまくいかなかったこと、何度も失敗したことを繰り返すのはやめにしよう。

 

うまくいったこと、なのに忘れていたことを思い出そう。

 

明日は、新しい明日にしよう。

 

考え方と生き方を変える10の法則―原因分析より解決志向が成功を呼ぶ

考え方と生き方を変える10の法則―原因分析より解決志向が成功を呼ぶ

 

 

サイトポリシー

Copyright© 人生はSelfQuest. All Rights Reserved.